ご賛同施設・店舗募集

車いすユーザーは「行きたい所」よりも「入れる所」を選びがち・・・ ちょっとした思いやり、手助け(ハート)で・・・段差を解消することができます。

「みんなが笑顔で楽しく外出できる社会の実現」を目指し、皆様から情報掲載のご協力をお願いしております。

“ハード”のバリアを“ハート”で解消する新しいバリアフリーの形【 accessible アクセシブル 】という考え方!

目的別でお店や、ホテル、施設などを検索できるサイト「アクセシブル・ナビ」を開設!!

みんなが笑顔で楽しく外出できる社会の実現

日本には510万人の身体障がい者がおり、その内車いすユーザー数は200万人(全人口の1.57%)にも上ります。

車いすユーザーは、外出する際に「行きたいお店」よりも「入れるお店」を選ぶ傾向にあり、外出する場所の選択肢が少なかったと言えます。そんな、皆さんの「行きたい」を「行ける」に変える為に、様々な店舗やホテル、施設などの※アクセシブル情報を公開して、利用しやすくします。扉や通路の幅、段差の高さなどを数値化し、また外観、店内、トイレなどの画像情報を表示します。

障がい者が本当に必要としている情報満載の検索サイト、アクセシブル・ナビを立ち上げ、目的にあったスポットに到達できるようにします。また、これらの情報は、障がい者だけでなく、車いすを使用されるご高齢の方、ベビーカーを押す方、妊産婦の方…またその方々とご一緒にお出かけになる際にも、役立つものだと確信しております。

障がい者側にとりましては、今まで、段差があるから行けない・・・、手伝ってもらうのが悪いから・・・などの理由で行くことを諦めてしまっていた場所が行けるようになります。
事業者様側にとりましては、車いすユーザーに対し、アシストするという意思表示や正確な情報を公開することで、新しい客層の獲得ができ、サービス面の差別化にも繋がります。

私達は、「障がいの有無に関わらず、みんなが笑顔で楽しく外出できる社会の実現」をして参ります。

※アクセシブル[accessible]:到達できる、到達可能な、利用できる、アクセス可能な

※寄付金控除が得られる、認定NPO法人を目指す為には、絶対値基準 (3,000円以上の寄付者が年平均100人以上いること)を達成する必要があります。当NPO法人の活動、趣旨にご賛同頂ける場合は、年会費3,000円(1口)の賛助会員へのご入会、または3,000円以上のご寄付を頂ければ幸いです。皆さまの会費や寄付で運営が成り立ちます。宜しくお願い申し上げます。

PAGE TOP