理事長メッセージ

「障がい者を納税者に!」

「障がい者を納税者に!」

2009年6月20日に私自身が障がい者デビューし、車いすでの生活になってから、健常者の時には気付かなかった、様々な社会的制約やバリアに直面しました。

そんなバリアを取り除けたらと思い、多くの障がいをお持ちの方とお会いし、日々の生活の中での不便なことや、不安なことを聞いて回りました。

その結果、大きく分けて3つの「環境」を整備する必要があると感じたのです。
1.住環境整備 2.外出環境整備 3.就労環境整備
その中でも、外出環境整備は特に重要だと思います。

なぜなら、外出する機会を創出する事で、社会参加や就労意欲向上の第一歩に繋がると考えるからです。

NPO法人アクセシブル・ラボでは、まず最初に、生活の基盤である住環境整備や、外出する機会の創出に力を入れて参ります。その上で、みんなが安心して就労できる環境づくりに取り組むことで、できる限り多くの障がい者が納税者になれるようにサポートします。

そして、障がい者が納税者となった社会は、みんなが笑顔で楽しく過ごせる、思いやりと感謝にあふれた、すばらしいものになると確信しております。

PAGE TOP